HOME>お役立ち情報>専門学校での勉強は必要不可欠【視能訓練士を目指すための方法】

専門学校での勉強は必要不可欠【視能訓練士を目指すための方法】

メンズ

視能訓練士の仕事とは

国家試験に受からなければ、なることができない視能訓練士は、目の健康に関するさまざまな業務をおこなう職業です。業務内容としては、眼科で受けられる視力検査や眼圧検査、そして視力が衰えた方のリハビリの指導もおこなえます。そのため、医療施設はもちろんのこと、老人ホームなどでも働けるので、いろいろなところで活躍ができる職業だといえるでしょう。ちなみに、将来の仕事として考えているなら、国家試験の前に、何年か養成学校に通わなければいけません。それは、養成学校で目に関する知識や検査方法や指導方法を習うことになるからです。養成学校に通うことで視能訓練士の仕事内容を覚えることができるため、卒業して国家試験に合格できれば、すぐに即戦力として働けるでしょう。

男女

視能訓練士になる為の資格

視能訓練士の国家試験を受けたいと考えるなら、専門学校で指定のカリキュラムを修了させるとよいでしょう。もちろん、大学を選ぶこともできますが、四年間通わなければいけないところが多いのがデメリットです。一方の専門学校では、三年間通えばよいところがほとんどなので、一年も時間の短縮ができます。したがって、最短で視能訓練士を目指せるため、社会人の方が転職を考えている場合にも役に立ってくれます。なお、視能訓練士に対応した専門学校の中には、一年のみ通えばよいところもあるで、そちらの利用を考えるかもしれません。しかし、一年制のところは短大や大学を卒業している方しか入学できないため、まずは条件を満たしているかどうかを確認しましょう。