臨床工学技士になりたいなら学校に通って学ぼう

勉学

臨床工学技士の主な仕事内容

臨床工学技士は医師の指示をもとに、ペースメーカーなどの生命維持装置の操作を行ったり、機器の保守点検を行います。CEあるいはMEと呼ばれる場合もあります。臨床工学技士の主な仕事内容は、血液透析などの血液浄化療法の業務、手術室で医療機器を扱う業務、集中治療室などで人工呼吸器の操作と点検の業務、病院内で使用されている機器の定期点検や修理を行う業務などがあります。

男の人

臨床工学技士になるためには、国家試験に合格する必要があります。国家試験では、医学概論、臨床医学総論、医用機械工学などの科目があります。一般的には、高校卒業後に、臨床工学技士専門学校、短大で3年、大学で臨床工学技士養成課程で4年学びます。また、臨床検査技師、診療放射線技師、看護師いずれかの養成校を卒業した後で臨床工学技士専門科に1年通う方法もあります。

臨床工学技士になるためには、臨床工学技士国家試験に合格する必要があります。高校卒業後に臨床工学技士養成課程のある大学、短大、専門学校で3年以上学び、修了すると受験資格が得られます。臨床検査技師、診療放射線技師、看護師のいずれかの養成校を卒業している場合は、1年間専門科に通うと、受験資格が得られます。また、国家試験の他にも臨床工学技士の検定試験や認定制度があります。

男性と女性

臨床検査技師と臨床工学技士の違いを比較!

臨床検査技師とは?

臨床検査技師とは、病院で医師の指示のもとに、臨床検査を専門に行う人をさします。臨床検査は、尿検査や血液検査などの検体検査と心電図検査や脳波検査の生理機能検査があります。これらの検査は医師も行うことができますが、高度な医療機器や専門の知識が必要な検査は臨床検査技師が行うことが増えています。病気の早期発見や早期治療をするために必要な職業といえます。

臨床工学技士とは?

臨床工学技士は臨床検査技師と同様に病院で働いていますが、検査は行わず、医療機器を扱う専門家です。臨床工学技士は、医師の指示のもとに人工呼吸器や人工心肺装置、人工透析装置などの生命維持装置を操作、点検する事が主な仕事です。また、病院以外にも医療機器メーカーや医療機器を取り扱う商社、養成学校の講師に勤務している場合もあります。

専門学校で学べること

専門学校では、大学よりも短い期間で学べ、分野に特化したカリキュラムで学ぶ今年もができます。臨床工学技士の専門学校では、工学的な基礎知識、人体の機能と構造について学びます。呼吸、循環に関わる生体機能代行装置や医用機械の基礎知識を学びます。実習を行い、医療従事者としてのマナーも学びます。

学校選びの仕方を紹介!順番良く考えてみよう

勉強道具

専門学校か大学かを検討する

まず、専門学校か大学のどちらで学びたいのかを検討してください。それぞれ、違ったメリットを持っています。自分が社会に出るために必要な知識と技術を学べる場所がどこなのか考えておくことはとても重要なことなので、よく検討していきましょう。

それぞれのメリットを比較

学校を選ぶ時は、専門学校と大学のメリットを比べてみるといいですよ。専門学校では、即戦力となる臨床工学技士を養成するため、国家試験に合格することに力を入れています。また、大学と比較すると学費を抑えることができます。専門学校で学ぶと、早く臨床工学技士となり社会にでることができます。一方大学では幅広い学問の知識が身につき、専門的で高度な分野まで学ぶ事ができます。4年生になると、研究室に所属し、卒業研究もできます。専門学校と比べると学費は高くなりますが、奨学金の制度を利用できる場合もあるでしょう。

学習内容や実績を確認

メリットを知った後は、通うことを想定して考えていきましょう。専門学校や大学では、施設や教育内容の質に差があるので、そこも知っておくといいです。また、国家試験の合格率は、学校の国家試験対策や学生の学習意欲の目安になります。そして、実習を行う病院を知ること、卒業生の進路が自分の進路と合っているか確認することも必要です。よく考えて検討し、気になる学校を見つけたら資料請求をしていきましょう。